ハンナについて

By in Hannah on 2013年8月16日
IMG-20121117-00248

IMG-20121125-00252ハンナはウェルシュ・コーギー・ペンブローク。

メスです。

2012年の秋にうちに来て、生後は3ヶ月ちょっとくらいだったかな。(2012年8月22日生まれ)

人によっては褒められた迎え入れ方じゃない(と言われる)かもしれないけど、ペットショップで殆ど一目惚れ。

 

 

当時はハンナを迎えるためにペット可の賃貸に引っ越したと言っても過言じゃないですね。

 

(あくまで自分の見聞きした)コーギーにしては他の犬にも人にも懐っこく、じゃれることは多々有っても争い事になることは殆どないです。

むしろ人が好きすぎて僕らは困っているくらい。(飛びついたり、ベロベロ舐めたり)

 

IMG-20121223-00097でもハンナは迎え入れた時(もしかしたらその前)からアレルギーがち。

家に来る前から与えられていたフードだと、黒い耳垢が溜まり、獣医さんと相談の日々。

フードをいくつも試して、サプリメントを処方されたり、薬(整腸剤とか)も若いくせにたくさん飲んで、下痢も多かったし吐くこともしばしば。

 

 

今は成長とともにお腹も強くなったのか、下痢はほとんどしない。

でもフードにはやはり気を使う。(ハンナの体調はもちろんだが、うちの家計も。、、)

食べて痒がったりするもんで、よく掻きむしるところ(耳の前)はちょっと毛が薄くなってきた。

うちに来て何ヶ月かはまるで飲み物のように平らげていたフードも、グルメになったのかたまに残したり。

バッチリ(だと思う)フードも、そもそも好かないのか、僕らの与え方や甘やかしのせいか、すぐ飽きてしまって、試行錯誤。

 

IMG_2947いやー困った。

もうすぐ1歳になろうとしています。

パピーだった頃に比べればかなり落ち着いたけど、まだまだ若さ真っ盛り。

 

たくさんバクバクと食べて走り回ってもらうためにも、沢山のフードから、ハンナにバッチリなフードを探すのです。

 

僕らはコーギーと一緒に暮らすのは初めてだし、間違ったしつけも間違ったフード選びも時にはすると思いますが、得られる情報の取捨選択とハンナの個性と、試行錯誤しながら、面白おかしく過ごしたいと思います。

 

 

 

そんなブログです。

 

Comments are closed.