牛の蹄(ヒヅメ)は危険らしい・・・

By in Hannah on 2013年8月21日
post130821

今の家(アパート)の下の階に住んでいるご夫婦(キャバリア2頭飼い)と、ありがたいことに仲良くさせていただいています。

お互いの家を行き来することもあり、ご夫婦の家にハンナを連れて行ったことも。

その時にハンナが夢中になったのが、牛の蹄。

ご夫婦の飼うキャバリアたちは全然興味を示さないのだとか。

 

最近になって、妻が蹄を買ってきた。

当然のごとく、ハンナは夢中になり、べろべろ舐め、カジり、取り上げようとすると唸る。(これもどうにかしたい。。。)

噛む欲求が犬にはあるらしく、それを満たすことはストレスの解消にも良いようだ。

だが、気になるのは歯の健康。

 

硬いものをカジッていて歯を折る、割るなどで動物病院に駆け込むコーギーの飼い主は結構いるらしい。(著者ネットサーフィン調べ)

ハンナもここまで夢中になってガジガジ噛んで、たまに危うい「パキっ」という音がする。

前情報を知っていると、結構不安になるもので、そのたびにハンナを抱え、歯をチェックする。

 

考えてみれば当たり前だが、その音がして、歯が割れてしまってからでは遅いのであって、この蹄を与えるのは控えたほうがいいのかもしれない。

でもこれカジッてる時、幸せそうなんだよなぁ。。。

 

でも歯に異常があると今後の人生(犬生)にも随分影響があるし、与える時は慎重になりたいものです。

 

しかし、、、蹄ってくっさいなぁ。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA